2012年06月13日

留寿都温泉

120613留寿都温泉3.JPG


6月も半ばだというのに、肌寒い日が続いています。

札幌のFM放送を聴いていたら、リスナーの方からの「北海道とはいえ、6月半ばで
長袖シャツを着ているなんて、信じられない」という投書が読まれていました。
(私は今、フリースを着てこの文章を書いています)


昨日、道内では氷点下まで気温が下がったところがあったそうです。

北海道、恐るべし!!


けれども、そんな寒〜い北海道には、あたたか〜い温泉がたくさんあります。


今日ご紹介するのは、留寿都温泉。


留寿都の中心部から、国道230号を洞爺湖町方向へ5分ほど走ったところにあります。

国道から見た建物は、上の写真の通り。
「留寿都温泉」という小さな標識によくよく注意していないと、うっかり通り過ぎ
てしまいます。

私も、何度も来ているのに、何度も通り越してしまいます。

ここのこの「小ぢんまり」感が、とってもいいですねえ。


浴室の壁や天井は檜造りで、一歩足を踏み入れると芳しい木の香が漂ってきます。

突き当りにある湯船の背後、正面の窓一面に、裏手の雑木林の緑が広がっていて、
小さい浴室なのに、とても解放感があります。

夜は木々がライトアップされるので、湯船からの眺めが最高に美しいです。
(私はこの夜景が大好きです)


こんな贅沢が味わえて、入浴料(清掃協力金という名称)がたったの200円っ!!
でいいのでしょうか、といつもいつも感じてしまいます。

留寿都温泉、ありがとう!!


ただ、ここの唯一の弱点は、「狭いこと」です。

洗い場も4人分しかなく、湯船も大人4人浸かったらぎゅうぎゅうです。

そのような訳で、「いかに空いている時にいくか」が最大のポイントとなります。
駐車場も狭いし…。


でも、いつ行っても、常連のお客さんでいっぱいです。

本当に、地元の方に愛されているんだなあと思います。


120613留寿都温泉.JPG


120613留寿都温泉2.JPG
ラベル:温泉
posted by アキラ at 07:41| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします!!

フィンペシア