2012年10月05日

白鳥の親子連れ

白鳥の親子


財田のキャンプ場付近の湖畔で、白鳥の親子連れを見かけました。


春先、何組かのカップルが卵を温めていましたが、結局孵化しなかったり、孵化
しても雛をカラスに食べられてしまったりして(洞爺村内も、東京・明治神宮辺り
と同じでカラスが多いです)、今年は成鳥まで育つのは難しいかなあ、と思って
いました。


雛が大きくなっているのを見て、ちょっと安心しました。


体はずいぶん大きくなりましたが、まだ全体に灰色ががっていて「みにくいアヒ
ルの子」状態ですねえ。

白鳥の親子


今日の湖畔は、天気晴朗なれども波高し、強い日差しと風に見舞われて、雛君も
ちょっと目がつらそう〜、な感じでしょうか。


親鳥たちは、羽つくろいに夢中です。
(なかなか顔を上げてくれないので、シャッターチャンスがありません)


白鳥の親子


ところで、この白鳥たち、実は洞爺湖本来の生き物ではなくて、河口湖のブラッ
クバスなどと同じく「外来種」なのだそうです。

よそ者だったのですね。

でも、あまりに住み心地が良くて、渡ることも忘れて住みついてしまいました。


春先、子育てのころはちょっと凶暴になることもありますが、
 【 関連記事 : 白鳥に襲われる をご参照下さい 】
それ以外は(私にとっては)あまり害になることはないので、まあ良いでしょう。


草の上に、真っ黒でくっさいうんちをゴロゴロまき散らす、ということも、まあ
迷惑ではありますが…。

それより、大迷惑なカラスたちをなんとかして欲しいものです。



人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします

ラベル:白鳥
posted by アキラ at 04:26| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします!!

フィンペシア