2012年10月18日

初秋の洞爺湖風景

洞爺湖秋


ここ、洞爺湖のほとりでは、静かな秋を迎えています。

木々は少しずつ色づき始め、
湖水は透き通って、浅瀬では小石がきらきら輝いています。


洞爺湖秋


風はまだそれほど冷たくはなく、
日差しのある時は、ぽかぽかと暖かく良い気持ちです。

湖岸では、白鳥やカモたちが日向ぼっこをしています。


洞爺湖秋


まだ緑を基調とした木々が多いなか、
いち早く、黄色や赤に染まり始めた木も、ところどころに見受けられます。


洞爺湖秋


栗の木は、たわわに実っています。

栗拾いをするなら、早朝、落ちたてを拾うのがおすすめです。
昼ころになると、もう、中身が空のいがぐりばかりころがっています。


洞爺湖秋


道の上にはどんぐりがたくさん。

この時期は、エゾリスたちにとってはパラダイス。
厳しい冬に備えて、たっぷり食料を蓄えていることでしょう。



洞爺湖秋

人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします


ラベル:洞爺湖
posted by アキラ at 07:44| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします!!

フィンペシア