2013年04月05日

洞爺湖温泉 室蘭やきとり一平

130405一平.JPG




他県の常識と北海道の常識が大きく異なっている、ということはままありますが
(お赤飯が甘納豆だったりとか、節分にまくのが落花生だったりとか)、やきとり
もそのひとつかと思われます。


「やきとり」といえば、一般的には鶏肉ですが、ことここ胆振地方に関しましては、
「やきとりといえば豚肉!!」が常識です、なんと。

居酒屋さんで「やきとり」と注文すると、間違いなく豚肉がでてきます。
鶏のやきとりが食べたい時は、「鶏肉のやきとり」と注文する必要があります。


豚肉のやきとりは、通称「室蘭やきとり」と称されています。


事情を説明しますと非常に長くなりますので省略しますが、豚肉のやきとりは、鉄
と工業、そして労働者のまち室蘭の歴史とともに、昭和の初期から培われてきたも
のなのであります。


また、間に挟むのも、長ねぎではなくて玉ねぎ、そして洋がらしをつけて食します。

豚肉、玉ねぎ、洋がらし、これが室蘭やきとり、三位一体の醍醐味です。


さて、この辺りには「一平」と名のつく焼き鳥屋さんが多くて混乱しますが、私の
調べた限りでは、以下の通りです。

  やきとりの一平   室蘭中島本店他 計8店舗
  室蘭やきとり一平  登別若草店他 計5店舗
  味の一平      洞爺湖温泉のみの個人経営店


今回は、温泉街にある「室蘭やきとり一平洞爺湖店」をご紹介します。



130405一平2.JPG



一歩店内に入ると、昭和レトロな雰囲気がいっぱいです。



130405一平3.JPG



御座敷の掘りごたつに座ると、なにか大変落ち着きます。



130405一平4.JPG



写真は室蘭やきとり(フラッシュなしで撮影したのでちょっとボケてます)。

こくのある豚肉と、甘い玉ねぎ、そして洋がらしのアクセントが最高です。
よく冷えたビールにぴったり!!



130405一平5.JPG



そしてこれもやはり、北海道の居酒屋では定番メニューの「若鶏半身揚げ」。

「若鶏を2つに割って独自の味付けをしてから油で調理したもの」だそうですが、まあ
北海道らしいダイナミックな料理だなあと思います。

この2皿を食べただけでも、かなりお腹いっぱいです!! 満腹、満足。


人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 18:39| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします!!

フィンペシア