2013年05月09日

【ちょっとドライブ】黒松内 日帰り旅行

130509黒松内01.JPG




ゴールデンウィーク中、一日くらいどっかに遊びに行きた〜い、ということで、以前から気になっ
ていた黒松内へ、日帰り小旅行をして来ました。


黒松内は、北海道の南西部、札幌市と函館市のほぼ中間点にある町で、ブナの北限地として
も知られています。

道内でも比較的あたたかいところなのです。


ここ洞爺村から黒松内まで約70km、車で約70分の距離です。

(北海道の良いところは、距離がわかれば到達時間もわかる、というところです。
1km1分で計算すれば、大体あってます。信号もなければ、GW中も渋滞知らずです)



130509黒松内02.JPG



最初に向かったのは、牧草地に囲まれた小高い丘の上に建つ「トワ・ヴェール」。

黒松内の農産物加工センターです。


この辺りは気候風土がヨーロッパに似ているということから、チーズなどの乳製品や、ハム・
ソーセージなどの製造が盛んです。



130509黒松内03.JPG



風景もまるでスイスのようですね。写真だけ見ていたら、日本とは思えません。

黒松内は、町全体の景観づくりに積極的に取り組んでいるそうです。
ごみステーションもお洒落なんですよ(写真がなくてすみません)。



130509黒松内04.JPG



ここで美味しいチーズと燻製をゲットして、次は道の駅「くろまつない」にある「トワ・ヴェールU」
へと向かいます。



130509黒松内15.jpg



お目当ては、「ピザドゥ」のピザ。



130509黒松内16.JPG



ここのピザは「全粒粉を使い、天然酵母で発酵熟成させてもっちりとした食感のドイツパン風
ピザ」だそうで、カリカリ生地よりも、もっちり生地が大好きな私にはたまりません。



130509黒松内17.jpg



今回は、季節限定「黒松内産ボンレスハムと半熟卵のバッハマン」(Mサイズ 1800円)をいた
だきました。



130509黒松内18.JPG



このピザがまた、美味しいのなんのって、ほんと堪りません!!


ハムもチーズも地元で手造りの高級品、単品でもすこぶる旨いのです。

そして焼きたての生地がまた、これだけ食べても、あまみといい食感といい、最高です。

このピザを食べるだけでも、車で70分走ってくるだけの価値はあります。

北海道に来て食べたピザの中で、ここのピザが一番旨かったです。また来ます!!



130509黒松内21.JPG



町内をドライブしていたら、車の行きかう道端に、水芭蕉がきれいに咲いていました。

ハイキングコースでもなんでもなくて、ただの道端、というところがすごいですねえ。

北海道の奥深さを、またひとつ実感しました。



130509黒松内22.JPG



帰宅して、ワイン片手に、黒松内でゲットした品々をいただきました。

私はブルーチーズはちょっと苦手なのですが、トワ・ヴェールのブルーチーズは、まろやかで
やさしい味わいで、美味しくいただけました。



130509黒松内23.JPG



ただ、平成23年7月にオープンしたチーズ工房&農場レストラン「アンジュ・ド・フロマージュ」
製のチーズ「リヴィエール・ルージュ」は、かなり強烈。

「納豆と同じ菌を使っているのでかなりくさいです」とは説明してもらったのですが、まさに、
くさやの干物がそのままチーズになったような味と香り。

ワインよりも、辛口の日本酒のあてに、ちょびっとずついただくのが良さそうです。


ブナの林が芽吹くころ、また黒松内に行ってみようと思います。


人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします


posted by アキラ at 11:12| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: