2018年07月28日

和処 一邑(室蘭紀行その1)

180728一邑 (1).JPG




昨日、室蘭でしか手に入らないものがあり、天気も良いのでドライブがてら行ってきました。「室蘭紀行」というほどのものではないのですが、今日から3回シリーズでお伝えしようと思います。

第1回目は、和処 一邑(いちむら)さん。

モルエ中島で買い物をした後、ランチタイムに訪れました。ここの和食はとても美味しいのでリピート率が高いです。




180728一邑 (2).JPG




店内は竹をふんだんに使った和モダンな雰囲気。落ち着きます。




180728一邑 (3).JPG




お薦めメニューは『海鮮四季彩丼』と『京懐石弁当 華火』。それぞれ注文致しました。




180728一邑 (4).JPG




海鮮四季彩丼、どんぶりの酢飯の上にふんだんに盛られたお刺身の数々、見るからに旨そうです。

小鉢にサラダ、茶わん蒸しまでついて1400円は、ちょっと贅沢なランチを食べたいなあという時には納得のお値段でしょう(普段ひとりで出かけるときは、ランチに500円以上はかけませんが…)。




180728一邑 (5).JPG




そして、京懐石弁当 華火、一品一品が、職人の技で実に丁寧に仕上げられています。


超大満足なランチタイムを過ごした後、米塚硝子店さんで画材を購入し、測量山ドライブへGO。

次回は測量山からの絶景の数々を、そして次々回は帰途に立ち寄った宮越屋珈琲 ムテキロウさんをご紹介します。乞うご期待!!



人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 07:53| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします!!

フィンペシア