2019年09月30日

洞爺湖温泉街の飲食店情報 その2

190930洞爺湖温泉 (1).JPG




こちらは乃の風リゾートの目の前にある「KiiTOS(キートス)洞爺湖」さん。

オープンテラスがとってもいい感じです。

壮瞥方面に抜けるメインストリートが山側に移ったため、こちらの道は温泉街を利用する車だけが通るようになりました。以前は大型車の交通が激しくて、ゆったりテラスでお茶、という雰囲気ではありませんでした。

今では、ランチタイムの前も後も、テラスでのんびり過ごされている方をよく見かけます。賑わっている感じがいいですね。




190930洞爺湖温泉 (2).JPG




こちらはランチメニューの数々。

ローストチキンプレートが一番人気のようです。




190930洞爺湖温泉 (3).JPG




私はまだ、こちらのお店に入ったことがないのですが、評判は結構いいです。

オーナーシェフの方は、南フランスで修業し、以前、真狩のオーベルジュ・マッカリーナで勤めていた方だそうです。

シーフードブイヤベースと季節のサラダボールがお薦めの一品のようですね。




190930洞爺湖温泉 (4).JPG




本格フレンチもあれば、デニッシュやホットドッグなど気軽なフードやケーキ類も充実して、カフェとしての魅力もあります。




190930洞爺湖温泉 (5).JPG




こちらは老舗の「望羊亭」さんと、「パーラーふくだ」さん。

ふくださん、メニューがとっても豊富になってきました。




190930洞爺湖温泉 (6).JPG




そしてこちらは、地場産品食事処の「とうやMarche」さん。




190930洞爺湖温泉 (7).JPG




あか毛和牛を中心としたメニューが充実しています。




190930洞爺湖温泉 (8).JPG




目をひいたのが「黒毛サーロインステーキ 7000円」!!!

きっととっても旨いのでしょうが、こちらの定食屋さんのようなお店(といっては大変失礼ですが、すみません)で、ランチに7000円もするステーキを食する方がはたしているのでしょうか?

ときどきいらっしゃるのかもしれません…




190930洞爺湖温泉 (9).JPG




お隣は釜めし屋さん。




190930洞爺湖温泉 (10).JPG




写真が光ってしまっていて良く見えず、申し訳ありません。

北海道の食材を使った釜めしの数々、とても旨そうです。


人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 06:51| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

洞爺湖温泉街の飲食店情報 その1

190918洞爺湖温泉 (1).JPG




洞爺湖温泉街が、最近とみに賑わいを見せている気がします。

新しい飲食店も増えている中、一番目立つのがここ、スープカレーの店 HLAHALさんでしょう。




190918洞爺湖温泉 (2).JPG




ちょっと読みにくいお名前ですが、お店の公式ページによると

 「湖のある地域で愛される幸せなお店(Happy restaurant loved in the area with lake)」
 の言葉の頭文字を組み合わせ「HLAHAL」に詰め込んでいます

とのこと。

ここは以前、わかさいもさんの売店でしたが、お隣の万世閣さんが買収して、このようなお洒落なレストランにしました。

よく見ると、スプーンの上に洞爺湖中島がのっかっています(^^)/




190918洞爺湖温泉 (3).JPG




スープカレーは5種類あって、お値段は1,000円から1,500円。

観光地にあってこのお値段なら、まあ納得でしょう。




190918洞爺湖温泉 (4).JPG




レイク・ビューのカウンター席もあり、「絶景がスパイスに」がキャッチフレーズのようです。




190918洞爺湖温泉 (5).JPG




お次は「お食事処 ほっとや 湖湖」さん。

今年5月に開業されたそうですが、見るからに親しみやすい定食屋さんという感じがします。




190918洞爺湖温泉 (6).JPG




お値段も、やはり観光地にあってはリーゾナブル。

店主の方は、ご近所で長年飲食店を営んでこられた方のようです。

安心して、何でも注文できそうです。




190918洞爺湖温泉 (7).JPG




北海道直送のウニ、超美味そうです!!

あれっ、でも、ここは北海道なんだけど… という突っ込みはやめておきましょう。




190918洞爺湖温泉 (8).JPG




バーガーショップのハイドゥン(Hydune)さんと、その左隣り、あれっ、ここは以前「スナック紅」さんだったはずだけど、いつの間にジェラートショップになったのでしょうか!!

調べてみると、スナックの閉店を知った、新篠津村のジェラートショップ「Lico Lico」のオーナーが、地元の人に愛される「紅」がなくなってしまうのは惜しいと、4号店としてオープンすることになったそうです。

内装は、ほぼ以前のままみたいですので、昭和レトロでゴージャスなスナックの雰囲気を楽しみながら、美味しいジェラートを食べることができるようです。




190918洞爺湖温泉 (9).JPG




そしてこちらは、やはり最近出来た、サンパレスホテルさんの新館。

実にいい感じの外観ですね〜




190918洞爺湖温泉 (10).JPG




一棟増えたからといって、ヨンパレスになった訳ではない模様。

おあとがよろしいようで _(._.)_



人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 06:17| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

霧笛楼はやっぱり素敵だなあ

190424霧笛楼 (1).JPG




先週の土曜日、所用で室蘭に行き、ホテルサンルートでお得なランチ・バイキングを堪能したことを、前回記事にしました。

その後、折角室蘭に来たので、久しぶりに「宮越屋珈琲Mutekirou」に行ってみることにしました。

霧笛楼は、絵鞆岬先端の小高い丘の上にあります。

この外観、なんだかイングランドかスコットランドの要塞みたいですね〜(と言いつつ、ヨーロッパに行ったことありませんし、要塞も見たことないんですが…)



190424霧笛楼 (2).JPG




ちょっと薄暗いエントランス。

突き当りを左に曲がると、海に囲まれた明るい店内に。



190424霧笛楼 (3).JPG




右方向には、室蘭の港と白鳥大橋が見えます。




190424霧笛楼 (4).JPG




この日はカウンターに坐りました。




190424霧笛楼 (5).JPG




都会のお洒落なカフェだと、カウンターの後ろに素敵なカップがずらりと並んでいたりしますが、ここでは、カウンター席から太平洋の大海原を見ることができます。

ここのお店は、オーディオシステムがまた素晴らしいんです。

午後のひととき、ジャズボーカルを耳に、きらきらと輝く海原を見ながら、美味しい珈琲を頂く。なんて贅沢な時間でしょうか。




190424霧笛楼 (6).JPG




カップはすべてウェッジウッドのようです。

今度は夜景を見に来たいのですが、なかなか夜の時間帯に室蘭にいることがないのが残念です。


人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 16:11| Comment(4) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする