2020年06月23日

爽やかの朝です

200623洞爺湖 (3).JPG




最近何かと忙しく、なかなかブログ記事の取材に行くことができません。更新も、週一回のペースになってしまっております。

ちょっと行ってみたいお店、レストランなどもあるのですが、コロナの関係もあり、外食はまだちょっとリスクがあるかな、などとも考えてしまいます。



200623洞爺湖 (2).JPG




ただ、どこにも行けなくても、天気さえよければ、洞爺湖の写真をアップすればそれなりに記事になる、というところがここに住んでいるメリット、地の利というものでしょう。




200623洞爺湖 (1).JPG




一昨日の日曜日、久しぶりに水の駅の讃岐うどんを食べたいと思い(ずっと営業自粛だったのです)行ってみたのですが、駐車場は満車で車を停めるスペースもなく(後からどんどん車が入ってきます)、また、中に入っても結構混み合っていそうなので諦めました。




200623洞爺湖 (4).JPG




洞爺湖は札幌から車で2時間弱くらいで来れますので、コロナ雲が少し晴れている間の気分転換にうってつけなのでしょう。




200623洞爺湖 (6).JPG




キャンプ場はまだ営業を開始していません。




200623洞爺湖 (5).JPG




この案内表示を見る限り、日帰りのバーベキューは出来るようです。




200623洞爺湖 (7).JPG



ただ、水場もトイレも閉鎖中ですので、近所の方以外は、バーベキューに来ても困ることが多そうです。




人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 13:04| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

虻田 亮昌寺を行く

200610亮昌寺 (1).JPG




虻田の亮昌寺、よく前を通るので立派なお寺があることだけは知っていたのですが、なかなか訪れる機会がありませんでした。

先日、陽気もいいし、お散歩がてらちょっと立ち寄ってみました。




200610亮昌寺 (2).JPG




石段を登ると、素晴らしい本堂があります。




200610亮昌寺 (9).JPG




裏山は自然散策路、といいましょうか、専門用語はよく分かりませんが「お遍路をする場所」となっているようです。




200610亮昌寺 (3).JPG




大師様の裏手にまわると、内浦湾がきれいに見えます。




200610亮昌寺 (4).JPG




注意書きの内容を心にとめて、山道を登っていきます。




200610亮昌寺 (5).JPG




行く先々で、仏様が見守ってくださいます。




200610亮昌寺 (6).JPG




風情がありますね〜




200610亮昌寺 (7).JPG




山はどんどん深くなっていきます。




200610亮昌寺 (8).JPG




どこまで続いているのか不安になってきたのと(もしかしたら一周できるのかもしれませんが)、この山を縄張りにしているらしいカラス数羽が、頭上からしきりに威嚇してくるので、引き返すことにしました。




200610亮昌寺 (10).JPG



   はるばると
     札所巡りて虻田港
    大悲の風に
       晴るる内浦 
  

人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 13:10| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

洞爺湖夕景

200604洞爺湖 (1).JPG




夕方に洞爺湖温泉街に行くことはあまりないのですが、夕刻(といっても午後7時ころですが)通りかかったので、ちょっと散歩してみました。




200604洞爺湖 (2).JPG




初夏の北海道は、7時半過ぎてもまだ夕方の終わり、といった感じです。

夏至のころになると、8時近くまでほの明るい気がします。




200604洞爺湖 (3).JPG




ポロモイの山頂に立つウィンザーホテル。

こんな風に見るとやはり要塞のようです。




200604洞爺湖 (4).JPG




波静かな夕べ。




200604洞爺湖 (5).JPG




どの時間帯に見ても、羊蹄山は美しいなあ。




200604洞爺湖 (6).JPG




山頂の雪もだいぶ融けてきました。




200604洞爺湖 (7).JPG




夕暮れ時の洞爺湖もまたいいものです。



人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 16:28| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする