2020年12月26日

真冬の有珠山の風景

201226有珠山 (3).JPG




初冬のころ、今年は雪が少ないのかなあと思っていたら、その直後にどっと降りました(日本全国、結構降っているようですね)。

冬場、晴れ間の見える日はそんなにありませんが、小康状態といえる日はままあります。




201226有珠山 (1).JPG




そんな薄曇りの日、壮瞥側から洞爺湖越しに見る有珠山の風景は、なんだか現実世界の風景ではなく、物語の世界の風景に見えて、とっても心惹かれます。




201226有珠山 (2).JPG




大空に浮かぶ雲と、対岸に見える有珠山と、そして洞爺湖。




201226有珠山 (5).JPG




こちらは洞爺湖中島。




201226有珠山 (4).JPG




複雑な造形美を見せています。




人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 20:54| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

夜の自販機

201222自販機 (2).JPG




旧洞爺村内にある自販機。

すっぽり雪に埋もれています。




201222自販機 (3).JPG




自販機の灯が周囲の雪を明るく照らし出していて、ちょっと賑々しくてありがたいです。文明の灯を感じます。


ただ、実際に飲み物を買いに行くのは大変そうです。




201222自販機 (4).JPG




冬、体が冷えて、指先もかじかんで、あったかい缶コーヒーであったまろうと自販機で急いで買ったら…

なんと、ゴロンと出てきたのがコールドドリンクだった〜 "(-""-)"

ということが、数年に一度あります。

冬に冷たいものを売っているはずがない、と、その時は思い込んでしまうのです。

でも実際には、7割方コールドドリンクですね。




201222自販機 (1).JPG



真冬に、このような場所で、自販機でドリンクを買う人が果たしてどれくらいいらっしゃるのでしょうか…

でも、ずっとここにあるので、採算はとれているのでしょう。

冬場は、ドリンクを補充する営業の方も大変だよなあと思います。




人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします





posted by アキラ at 09:27| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

いきなりどさっと降りました

201217洞爺湖 (1).JPG




前回のエントリーで「こんなに雪が少なくて大丈夫なのか心配」と綴ったところ、翌日からどさっと雪が降り積もりました。




201217洞爺湖 (2).JPG




この写真は昨日(12月16日)の朝、いい感じで晴れ間が見えたときに撮ったものですが、その後さらに積雪量が増えています。




201217洞爺湖 (3).JPG




今、全国的に(特に日本海側では)大変な事態になっているようですので、北海道は北に位置している割には影響が少ないのかも知れません。




201217洞爺湖 (4).JPG




同じ洞爺湖町内でも、この辺りの旧洞爺村地域と、南に向かって山を越え太平洋側に位置する旧虻田町地域では、全く気候が違います。

虻田地区では、例年、それほど雪が降らないのですが、今回の積雪量はかなり半端ないものがあります。過去十何年か、こんなに雪が積もった年はなかったように思います。




201217洞爺湖 (5).JPG




湖畔沿いの道。




201217洞爺湖 (6).JPG




雪が積もっていると、空気に潤いがあって、とても艶やかで、胸いっぱい吸い込みたくなります。




201217洞爺湖 (7).JPG




北海道の雪は、基本、さらさらしたパウダースノーなので、本州の湿った雪に比べると、除雪は楽なのかもしれません。

ただ、さらさらしている分、風に巻き上げられて舞い上がるので、ホワイトアウトしてしまって全く周囲の状況が分からなくなり、命の危険にさらされることも多々あります。




201217洞爺湖 (8).JPG




雪が降った翌朝、晴れているとほんと気持ちいいんですけどね。


人気ブログランキングへの応援クリックをお願いします



posted by アキラ at 23:21| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする